07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

海外ドラマと、映画少し、猫少し

ダメな大人です。 海外ドラマ好きで、日本語で視聴できるなら、どこの国の物でも見させて頂いております。 ここでは、海外ドラマ,映画について、緩く軽いジョークを交えてコメントしております。 緩い笑いに日頃の疲れを癒して頂けると幸いです。

 

ドイツ映画『ありがとうトニ・エルドマン』  ドイツ版『お父さんは心配症』 

 Добрий День (ドーブリ・ヂェーニィー/こんにちわ)

 特に書きたい作品もなく、久々に更新してみたわ。
 今回は、めちゃめちゃ面白くなかったけど、視聴後じわじわときた映画について感想でも
 毎度の如く、『ぴあ映画生活』に自分が投稿した感想にちょっと手を加えただけのものですが

ToniErdmann01




  【いつもの大雑把なあらすじ】
   経営コンサルタント会社(?)で出世を目指す娘イネス。
   娘イネスは働き過ぎで、家族と疎遠で、ルーマニアの首都ブカレストで鬱病
  一歩手前と言うか、もう既に軽く鬱。
   そんな娘イネスを見かねた父親は、トニ・エルドマンと言うキモイ人格を作り上
  げて、娘イネスを楽しませようとするのです

   

 一言でこの映画を表すと、『お父さんは心配症 in German』。
 
 『お父さんは心配症』、、、、、、、そんな漫画日本にありましたね。
 私はこの漫画をチラっとしか読んだことありませんが、映画を見ながら、この漫画を思い出しました。
 と言う事は、日本にはこの手の話が既にあったのか、、、、、、だから既視感があったんかw
 ただし、この映画の娘イネスはaround 40 (多分) のいい大人ですが。

 鬱病一歩手前の娘イネスが、サラリーマン時代の自分見ているみたいで、心が痛かったわ

 娘イネスが住んでいる高級デナイナーズ・アパートは、素敵な部屋の中に雑誌等が乱雑に置かれていて、彼女が如何に疲れているのかが表されていて芸が細かくて良かったです。 (恐らく、日本のドラマとかだと、仕事に追われるキャリアウーマンの部屋でも綺麗に片付いている。)

 環境先進国ドイツの映画なのに、娘イネスが石油関連と言うちょっと環境先進国らしからぬ会社のコンサルタントに勤めているのは、働き過ぎの娘イネスに対する皮肉??

 悪い映画じゃなかったけど、淡々とし過ぎていて、ともかく長かったです
 世界が絶賛するほどの作品でもなかったかも、、、、、、、

 恐らく、関西でお笑いについてスパルタな教育を受けた人には、父娘の笑いのセンスがイマイチかと思います。
 忙しさと、父の奇行に悩んでブチ切れた娘が、自らの誕生日パーティーを裸族パーティーにしたのは如何なものかと、、、、、、、欧米人的な発想ね 動物の着ぐるみ ぐらいにしときなよ、、、、、、 因みに、娘イネスは、around 40なのに、羨ましいぐらいスタイルが良いです。
 イマイチな笑いのセンスの中、お父さんの毛むくじゃらのクケリの着ぐるみはNiceでした
 はっ、父娘のイマイチな笑いのセンスがこの映画のツボなのか?!!

 
 そして、私がこの映画を見ていて最も気になったのは、娘イネスが働いているルーマニアの現在。
 地方には舗装もしてないような道路が普通にあり、上下水道が通っているかかなり怪しい田舎の家がある一方、ヨーロッパ最大のショッピングモールに、外国人達や成金が集まる高級ホテルにクラブ。
 正直、我々のイメージする先進国ヨーロッパではなく、凄くアジアっぽい。
  また、ルーマニアに油田があることを初めて知りました。
 しかも、採油方法が手掘り。 ←これは映画の演出??

 ルーマニア語って、イタリア語と近いハズなのに、ルーマニア人役の役者さん達が喋っていた言葉がロシア語に近い響きだったような気が、、、、、、

ToniErdmann02


 なお、この映画の結末は、出世を目指して鬱病一歩手前の娘イネスが、お父さんの別人格トニ・エルドマンおかげで、ブカレストの上部だけ仲良しゴッコをしている友人達と縁を切り、穢れ仕事を辞めたようです。
    ↑↑↑
   ここが、「ありがとう!!!トニ・エルドマン!!!」 MAX

 娘イネスは、ルーマニアの首都ブカレストを去った後、シンガポールの会社に転職し、どんな生活を送っているか知らないが、ドイツから離れて生活している。
 人って簡単には変わらないものですね。
 まぁ、そこが、この『ありがとうトニ・エルドマン』が、ハリウッドのお気楽映画と違って良いとこなんだと思いました。

 お祖母さんの葬式でドイツに帰国した娘イネスは、お父さんのトニ・エルドマンもどきの仮装をして、お父さんが苦労してトニ・エルドマンを演じていてくれた事を知る。 ←今ここ


 では、次回の更新で
 До Свидания
スポンサーサイト

Category: 映画 ハートフル系

tb 0 : cm 0   

ロシア映画『裁かれるのは善人のみ』 ロシアだったらありそうで怖い(爆) 

 Добрый День (ドーブリ・ヂェーニー/こんにちは)

 2017年に入ってから、ありがたいことに仕事が忙しく、海外ドラマや映画を色々見ても、SNSに簡単に感想を掲げるだけに留まっておりました。
 今回は、前々から見たかった不条理系ロシア映画 『裁かれるのは善人のみ』 を漸く見たのでネタバレ有りの感想でも。
 はっきり言って、裁かれる人々も決して善人ではありませぬ

 まず、男も女も皆さん、ウォッカを水のように飲むので、見ているだけで、二日酔いになりそうでした
 汚職に抹殺、、、、、、、ロシアだったら、ホンマにありそうな話で、映画にのめり込んでしまいましたわ。
 正直なところ少々パンチに欠けましたが、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』や『サルバドールの朝』のような不条理系映画が好きなので、満足致しました。

 そして、英国ウェールズ・ドラマ 『ヒンターランド』 も可愛く思えるぐらい、ロシア北西部バレンツ海沿岸の寒村の景色が荒涼としすぎていて、不条理なストーリを盛り上げてくれていました。
 廃船が海岸のあちこちに転がっていて、倒壊したロシア正教教会、未舗装道路だらけetc
 

 
Leviathan

 映画概要は、いつもの ぴあ映画生活 を参照下さい。
---------------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------------

 簡単にあらすじを言うと下記のような映画でした(笑)↓↓↓
   お祖父さん、お父さんと受け継いできた一族の土地(風光
  明媚)を守りたかっただけなのにぃぃぃぃぃ~!!!
  何でこんな目に合うのぉ??
  ロシア正教を熱く信仰してないから、神様は助けて
  くれないのぉ???
  マジかっ!神様は信仰の厚い悪徳市長は助けるんかよぉ~!!



コーリャ
主人公で修理工のコーリャ 多分無信仰

 家のある海沿いの美しい土地を悪徳市長に取られそうになって、モスクワから友人の弁護士ディーマを呼んで、法的に市長に戦いを挑もうとします。
 が、、、、、、、失敗。
 コーリャ、前の奥様 (病死) との間に息子のロマ (高校生ぐらい?) がおります。 


ディーマ
コーリャの土地を守るためにモスクワから来た弁護士のディーマ
 
 イケメンで愛想が良く、誰からも好かれる弁護士のディーマさん。
 でも、正義感たっぷりでコーリャ家族の元に現れたけど、コーリャさんの妻と浮気。
 ディーマさん、市長にちょっと脅されただけで、シッポ巻いてモスクワに帰ってもーた
 独身を気取っているっぽいけど、実は娘もいて、、、、、、ヘタレ!!


リリア
主人公コーリャの美しい後妻リリア

 あんな荒涼とした大地で、男は皆ウォッカがぶ飲みの大酒飲みかつ猟銃を振り回しているときたら、男と同化できない若くて綺麗な女性は都会的なモスクワの人と浮気して街を出ていきたくなる気持ちも解らなくもないですわ。
 コーリャに浮気現場を押さえられて大ゲンカしたネタを悪徳市長に掴まれたのか、抹殺されてしまいますまだ若いのに、、、、、、、カワイソっ!!
 撲殺って。
 リリアの死については、自殺じゃないか?との見方もありますが、私は他殺と信じております。
 素人でも撲殺と溺死の違いぐらい判るだろうし、どんなに苦しい状況であっても、リリアは若くて綺麗なので、よその街に行ってやり直しができると思うから。
 それに、自殺するほど酷い状況でもなかったし。


悪徳市長
悪徳市長

 最果ての地の皆さんは、あんな半アルコール中毒で不健康そうなデブの悪徳市長でいいのかな??
  あっ!お金にものを言わせて不正に不正を重ね、他の人を市長にさせないのね
 どーしても、コーリャの土地が欲しい市長は、色々と暗躍いたします。 抹殺指示とかのシーンはないので、あくまでも想像の領域を出ませんが、明らかに裏で何か黒い事やってます。
 最後には、コーリャにリリア殺害の罪を着せて、コーリャの土地を強奪するのよね。
 そして、強奪した土地には、立派なロシア正教の教会を建てて、市長はまた、徳を積みました


 ホンマ、主人公には救い難い状況で終了した映画でしたが、息子のロマにはちょっと希望が見えたかな?
 コーリャ夫婦の友人夫婦の妻の方がいい味出してましたわ。

 そして、流石、共産国家ロシア!!!
 クソ田舎でも、国家の要職に女性が当たり前に就いている
最果ての地の裁判官
無愛想でひたすら事務的な最果ての地の裁判官達



 では、次回の更新で。
 До Свидания!

Category: 映画 シリアス系

tb 0 : cm 0   

映画『裸足の季節』 少女達よ!悪しき伝統に打ち勝て!!! 

  Добрий день

 やっと見れた
 少し前より気になっていた第88回アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされていたフランス=トルコ映画『裸足の季節』
 個人的には、凄く良かったです 見てよかった。 

MUSTANG01


 西洋化が進むイスタンブールから1000km離れたトルコの村に、祖母と叔父と住む美しき仲良し5人姉妹のお話。
 彼女達が住む村には、まだ、イスラムの伝統が強く残っていて、、、、、、彼女達はこの伝統にそれぞれどのように立ち向かっていくのでしょうか。
 映画の詳細は、いつもの『ぴあ映画生活』をご参照下さい。
 

MUSTANG02


 ともかく、5人姉妹が、綺麗で、エロちっくでした
 
 まず、5人姉妹は、学校帰りに男の子の肩に馬乗りして遊んでいた事を近所のオバサンに密告され、少女達が結婚前に傷物になる事を恐れる祖母と叔父さんによって監禁されてしまいます。
     ↓↓↓
 あんな美女5人を閉じ込めておきたくなる叔父さんの気持ちも解るけど、ほぼ監禁状態って酷いですわ( ・ε・)
でも、「学校は行かなくていいの?学校って重要じゃないの?」って、伝統に縛られた伯父さん,お祖母さん,近所の人々は思わないのですね。 ←最低限の学問は重要よ!!
 この映画でも、実世界でも、西洋化し、自由を謳歌する女性の足を引っ張るのは、必ず女性 (この映画では、祖母と村の女性達) なのね
 若い世代の西洋化はもう止められないのに。

 西洋化が全て正しいとは言いませんが、伝統に則り親の決めた男性と結婚するか、西洋化して棘の道を歩むかを選択する権利を与えるべきだとは思います。

MUSTANG04

 ある日、監禁生活に嫌気を指した姉妹は、五女ラーレが大好きなサッカーを観戦しに、こっそり外出。
 しかし、ちょっとした息抜きのハズが、姉妹がサッカー観戦している姿がテレビ中継されてしまい、それを見た村の女性達によって、さらに監禁強化!! しかも、長女から順に強制的に結婚させられていきます。

MUSTANG_セルマ
「処女だって、言っているのに!!信じてくれないならそれでいいわ!!」 次女セルマ

 まず、大人が決めた男性と強制的に結婚させらる次女セルマ。
 セルマは、結婚式ではやけ酒をあおり、初夜で出血せず、ヴァージンでない疑惑が。
 医者に連れて行かれ、処女検査を受けさせられ、まぁ、居心地悪いったらありゃしない
 セルマは、返品はされなかったのね。 
 居心地の悪い思いをして夫の家にいるのも地獄、返品されて世間に後ろ指刺されるのも地獄

MUSTANG_ソナイ
「彼には後ろの穴を使わせているから、私は未だに処女なの。」 長女ソナイ

 その一方で、ちゃっかり伝統を利用して、見事に彼氏と結婚に漕ぎ着けた長女ソナイのズル賢さは天晴でした。 ←手放しで賛同はできないけど。

MUSTANG03
長女と次女の合同結婚式 5人姉妹が全員集合した最後の日


 三女エジェに至っては、大人が結婚を決めた後に、心を病み、過食,相手かまわず男と寝て、そして、自殺
 彼女は見ていて心が痛かったわ。
 自殺者が出ても、祖母は姉妹達のお見合いを進めていくのね(怒)


 そして、四女のヌル (14歳?15歳??) まで結婚相手が決められ、ヌルの結婚式当日。
 五女ラーレと四女ヌルのラストの脱走劇は、派手なアクションはないもののドキドキ・ハラハラで、手に汗に握る展開でした。天晴!!
 叔父さん達が、本当にラーレとヌルを銃で撃ち殺しそうで怖かったですわ
 結婚式でヌルは新郎に罵詈雑言を浴びせたので、もう、村での結婚は無理でしょう。 祖母も叔父さんも、五女ラーレと四女ヌルの強制結婚は諦めそうですね。


 この映画のキーパーソンは、冒頭のラーレが崇拝する美人の先生と、トラックの運ちゃんのヤシン。
 特に、ヤシンはゲイとの噂があったため、ヤシン自身も差別を受けてきたので、悪しき伝統と闘う五女ラーレに協力的だったんでしょうね。


 『裸足の季節』、もう一度見たい映画の一つです。
 では、次回の更新で。 До Свидания!


↓↓↓ 映画視聴後、トルコ語が勉強したくなりました。

Category: 映画 シリアス系

tb 0 : cm 0   

映画『好きにならずにいられない』  ヒンリカやんか!! 

 Добрий день

 
Fus01

 『好きに・・・』、近年、世界的に優良なコンテンツを輩出しているアイスランドの作品と言う事と、映画のポスターのかわいさに惹かれて劇場で鑑賞しました。
 非常に地味な映画です。
 作品概要は、いつも同様、『ぴあ映画生活』を参照して下さい。



 まず、体重200kg超の43歳オタク童貞フーシについて。
 日本だと彼みたいな人は珍しくないですよね。
 まぁ、日本人だと、育っても、体重はせいぜい100kg~150kg程度でしょうけど。
 そして、大抵はフーシほど優しくないな(笑)
  大学の同級生にフーシそっくりな人がいたわwww 外見だけじゃなく、性格も少し。 当然こんなに優しくなかったですが! 

 そして、見終わって、まず思ったのは、「何でフーシはシェヴンを病院に連れていかんかったんやろ?」です。
 恐らく双極性障害と思われるシェヴンに心療内科等で適切な治療を受けさせたら、フーシはもっと幸せになれたかも、、、、、、いや、他の男に走られるから、幸せになれないか、、、、、、

 この作品の評価は、甘めの80点としました。
 なぜなら、ハッピーエンドではなかったけど、見た後、見返りを求めないフーシに心が癒され、ハッピーエンドじゃなくてもいいかっ!っと思えたため。
 加えて、デンマークとの共作ではあるけど人口30万人の国でこれだけの質のものを作ってしまうアイスランドに敬意を表してです。


 また、この映画では、つい先日 (2016年5月~7月) 日本でもでも放送され、私も視聴したばかりのアイスランドのミステリー・ドラマ『トラップ ~凍える死体』に出演していた俳優さんを何人かお見かけいたしました。
 まぁ、『好きに・・・』も『トラップ』も人口30万人の国の作品なので、当然何人かはトラップに出演していた俳優さんがこの映画に出演しているんだろうな~と思って映画を見たんですけどね
 おおおおおぉ!!いきなり大物が
 フーシが好きななる女性シェヴン役の女優さん、トラップ主役の一人のヒンリカ役だったリムル・クリスチャンスドッティルさんじゃないですか!!

Fusi02


 心優しい田舎の警官ヒンリカも良かったですが、一見自由奔放だけど心を病んでいてフーシを振り回すシェヴン役も彼女のキュートな外見が生かされていて良かったです。

Fusi03

 
 リムル・クリスチャンスドッティルさん、映画撮影時の年齢は30代半ばなのですよね
 欧米人には珍しく童顔で、笑顔が凄くキュートでした。 そら、フーシが惚れるわけだわ。


 では、次回の更新で。 До Свидания!


↓↓↓ 映画『好きにならずにいられない』、地味な作品だけど、心が癒されるので、ぜひ見てね!!

Category: 映画 ハートフル系

tb 0 : cm 0   

映画『アクトレス ~女たちの舞台』 クリスティン・スチュワート祭り 

 Зудравствуйте

 途中視聴の作品が多くて、暫くブログを放置してました
 全てにやる気が起きないダメな私

 今回は、クリスティン・スチュワートさんに萌えまくってしまったコチラの作品の感想でも。
 解釈の仕方では、この映画はLGBT作品になると思います。

 
映画アクトレス01

映画アクトレス02
 



映画の詳細は ぴあ映画生活 で見てね。 


  冒頭から、楽しくて美しく中性的なファッションに身を包む秘書ヴァレンティーヌ役のクリスティン・スチュワートの釘付け
 この作品の点数は、ほぼクリスティン・スチュワートにです。
 正直、クリスティン・スチュワートに釘付けで、映画の内容はよく理解できておりません、、、、、、、私のバカ
 当然、大女優ジュリエット・ビノシュさんも美しかったですし、スイスの田舎の景色も素敵でしたよ。

映画アクトレス05


 私自身、ジュリエット・ビノシュさん演じる大女優マリアと同世代なだけに、マリアの立場になって、「こんな美しくて男前の秘書がいたらどうしよう、、、、、ドギマギして仕事ができない。 彼女、食ってもいいかな、、、、、、」 と妄想が大暴走
 私がマリアだったら、絶対、ヴァレンティーヌ食ってるわ  ァハハ・・(´▽`)oO(ワラットクカ)

  大女優マリアと秘書ヴァレンティーヌの関係をドキドキしながら作品を観賞していたら、あっという間に2時間5分が経過
 本作品は、音楽とか、衣装とか、スイスの美しい田舎の風景とか、女優さんたちの演技とか、もっと他に注目すべきところがあったのにね。 ホント、アホよね私

映画アクトレス04
役作りのために滞在していたスイスの山小屋にて
楽しそうなヴァレンティーヌ&マリア

  すごく楽しそうにスイスの山小屋で過ごしていた大女優マリアと秘書ヴァレンティーヌですが、マリアが舞台の台本に対するヴァレンティーヌの意見に耳を貸さないことから、ヴァレンティーヌが怒って姿を消し、二人の関係は終わってしまいます

  解釈によるのでしょけど、私は二人の間に恋心があると解釈しました。
 ヴァレンティーヌ役のクリスティン・スチュワートさんはバイセクシャルとの噂があるので、「ヴァレンティーヌは絶対マリアに恋しているよ! カメラマンの男はマリアを妬かせるための小道具よ!!」っという方向の考えにいってしまってしょうがなかったです。
 マリアには、地位と名声があって、美しく品もあるんで、惹かれない理由はない!
 しかも、ヴァレンティーヌの後任のマリアの秘書が、ヴァレンティーヌと似た雰囲気の中性的な美しい女性 (彼女はショートヘアーですが) www
 マリア様も絶対ヴァレンティーヌに惚れてましたよね

 マリア役のジュリエット・ビノシュが男前過ぎないので、ラブシーンがなくて、ビターな結末で終わるものの、映画『キャロル』のキャロル&テレーズよりも、マリア様&ヴェレンティーヌの関係の方が説得力もあり、エロチックに思えました。

 最後に、若手女優役のクロエ・モレッツちゃんが幼い顔で、下品なセリフを吐くシーンは天晴でした。

映画アクトレス03
腹黒?新人女優ジョアン (クロエ・モレッツ)



 オイラは勿論、映画『キャロル』も見てるよ



 До Свидания!


↓↓↓ 今後は『スニファ ウクライナの私立探偵』、『トラップ』、『KILLJOY』などの海外ドラマで更新していく予定です。
   予定は未定ですが、、、、、

Category: 映画 シリアス系

tb 0 : cm 0