08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

海外ドラマと、映画少し、猫少し

ダメな大人です。 海外ドラマ好きで、日本語で視聴できるなら、どこの国の物でも見させて頂いております。 ここでは、海外ドラマ,映画について、緩く軽いジョークを交えてコメントしております。 緩い笑いに日頃の疲れを癒して頂けると幸いです。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

2015年4月北欧祭り その1  映画『100歳の華麗なる冒険』 

 Здравствуйте!! (ズドゥラーストゥヴィーチェ)

 3ヶ月ほどブログを放置していたわね。私。
 放置していたのは、ただ単に更新するのが面倒臭かっただけです(¯ー¯;)

 一昨日、スウェーデン映画を見て、ふと思ったんです。
 ドラマ、映画、本に最近北欧ものばかり見て読んでしている。私
 スウェーデン映画『100歳の華麗なる冒険』の感想をUPするついでに、ここ数ヶ月ぐらいに接した北欧作品の感想を『2015年4月北欧祭り』にUP UP UP致します。


 まずは、一昨日見た映画。
100歳の華麗なる冒険

     タイトル: 100歳の華麗なる冒険
 
 2013年製作のスウェーデンの映画です
 映画の詳細は、コチラのサイトへ  ⇒ ぴあ映画生活 
  いつも書いておりますが、ぴあ映画のクチコミに似たようなクチコミがありますが、私が書いたものです。決してパクリではありません!!

 私、ミステリーとポリティカル以外の北欧物は初です。
 爆弾好きの100歳のアラン・ジイサンの人生を描いた映画です。
 やはり、スウェーデン人は、憎たらしいぐらい英語が堪能ね。
 あと、ロシア語も、アメリカ人がドラマの中で話すロシア語に比べて流暢ね。

 映画は全体的に、ほのぼのとした中に残虐な行為がポップに盛り込まれているので、ブラック・ジョークがお嫌いな方にはお勧めしません!!
 ともかく、人が爆破される、される キツネさんも、、、、、

 まず、物語の冒頭の主人公アランのお父様が「コンドーム使用運動活動家」という的を得ているけど、下ネタ的な設定でこの映画を気に入りました。 お父様の結末は悲劇ですが。

 そして、スウェーデンから見た世界、スウェーデンの実態を緩く描いている作品だと思いました。
 特に、ヤバいジイサン達を成り行き上で車に乗せてしまった定職につかず(就けず?)何年も大学に通い続ける細身の中年男子。
     ↑↑↑↑↑
 北欧小説,ドラマにはかなりの頻度で、こういう一般社会から離脱してしまった中年男子が登場する
  スウェーデンという国は、国は大人だけど、大人になれず、一般社会から離脱してしまう人が多いと言う事なんでしょうね。

 あと、やはりヨーロッパの女性は気が強い! しかも、映画に登場する女性は皆太い!!

     評価: ★★★★ (5つが最高評価)

 インド映画『きっと、うまくいく』ほど私の中で盛り上がらなかったので、この評価にしました。

 ヤバい仕事 (死体を片付けたり、万引きしたり) をやってくれるもう一人のジイサンもいい味出していマシタ
 アラン・ジイサンと2人で、廃線になった鉄道の線路の上をギャング (死体) をトロッコに乗せて運ぶ姿には笑ってしまったわ

 子孫を残せなかったけど、友人の子供に本当の息子 (ロシア人ポポフさんの息子さんデス) 以上に尽くしてもらったり、100歳を超えて愉快な仲間が出来たアラン・ジイサンは幸せ者です。
 しかし、アラン・ジイサン、無邪気な顔して、人、殺し過ぎです(笑)しかも無意識のうちに、、、、、


 Дo Свидания! (だ すヴぃだーにゃ)

↓↓↓ さて、2015年北欧祭り その2に行くよ!! その2は映画,小説よ!!
スポンサーサイト

Category: 映画 ゆるい系

tb 0 : cm 0   

インド映画『きっと、うまくいく』 お世辞抜きで良かったですわ 

 여러분 안녕하세요~(^ー^)ノ

 昨日、時間が空いたので映画館へ映画を見に行ってきました
 軽度の引きこもりの私にとっては、映画館はちょっとしたアウトドア~(爆)

 昨日の映画がとっても良かったので、ヘロヘロの内容ながらもコメントをUPさせて頂きます
 本当は今日出社の予定だったんだけど、延期になったんさ

 っで、今回見た映画は上映時間170分の超大作
3idiots01

     『きっと、うまくいく』
     原題: 3idiots
     製作国: インド
     公開年: 2009年(アメリカ)
     言語: ヒングリッシュ??

 IT大国インドらしく、ランチョー、ファルハーン、ラージューの3人組を中心とする、インドの超エリート工科大学の学生達のお話です。
 大学卒業後に失踪してしまった問題児だけどSuper優等生のランチョーの本当の正体&行方は???
 映画のあらすじは映画口コミ・サイトをご参照下さい⇒きっと、うまくいく

3idiots02

 仲良し3人組。
 左から
 ファルハーン: 万年成績最下位のファルハーン。そこそこいいとこの家の出身。
  でも本当はエンジニアじゃなくて、動物写真家になりたい。
  コノ人は、大学を卒業できなかったような気がする
  ところで、ラージューの姉ちゃんと本当に結婚したんかな???
 
 ランチョー: 型破りの天才。映画『ミレニアム』シリーズのリズベット・サランデル
  +(プラス)ドラマ『White Color』のニール・キャフリーみたい。 
  彼の正体は? ぜひとも映画を見てね

 ラージュー: ファルハーンと共に万年成績最下位クラス。
  ともかく苦学生(涙)で、貧困から脱出するために、家族からの過大な期待を背負っ
  ています。 コノ人は色々と悲惨な目に遭い、、、、、
  うわーーーん!!ラージュー!!!号泣
  この映画の中で、ラージューが一番好きなキャラクターだったな(・ε・)  


 実は、私、インド映画は2回目です
 っで、感想はと申しますと、、、、、(『ぴあ映画生活』に似たような口コミが載っていますが、私が書いたものです。 決して、パクリではありません!!)
 映画の序盤、ムサイ男達のダンスてんこ盛りで、「ムサイ男ばかりダンス見てもなぁ~」、「このチョイス失敗したなぁっ~」と思いながら見ておりました。
 大学生ながらのアホな事やっている青春をユーモアたっぷりで描いておりますが、インドの厳しい社会事情もチラチラと垣間見れ、様々な事件がてんこ盛り、笑いも涙もてんこ盛りで飽きませんでした。
 もちろん、大学生なんで、恋愛もちょこっとありますが。

 それにしても、インドの超エリート工科大学の学生達は大変だな
 ラージューもそうだけど、貧困から脱出するために家族に全てを託されている学生がいるんですね。
 せっかく超エリート工科大学に入っても、授業についていけず(理解ない学長のいじめ??)、落第して、家族を助けることができず、自殺してしまう学生が、、、、、
 日本の大学でタラタラ過ごしていた自分と比較して、ほんまに心が痛んだわ。反省。

 その反面、金で学位を買う人間もいたりして。

 真面目に社会問題を取り上げているけど、笑いもてんこ盛りwww

 ラージューのお父様の緩さに、悪いけど爆笑したわ
 ラージュのお父様は要介護の重病人なので、日本人の感覚からすると、本当は笑っちゃいけないなんだけど、もう緩すぎて、緩すぎてwww
 お父様、日本のギャグ漫画『ギャグ漫画日和』に出てくるヘロヘロなオジサンみたいで。
 映画館で一人大爆笑(¯ε¯)
 
     評価: ★★★★★ (5つが最高評価)

 ラスト・シーンのブルーの湖と背後の山がとても美しかったです。
 ロケ地を知りたいな。

 とても、いい映画だったので、"ネタバレなし"でコメントを書かせて頂きました。
 お時間のある時に、映画『きっと、うまくいく』ぜひとも見て下さい。

 
 では、次回の更新で~(^ー^)ノ


↓↓↓ ファルハーン&ラージューのスピンオフできないかな?

Category: 映画 ゆるい系

tb 0 : cm 0   

映画『アイアン・スカイ』 ナチ女レナーテに女も萌える!! 

 여러분 안녕하세요~(^ー^)ノ

 最近のワタクシの生活と言えば(¯ー¯)
 朝8時頃起床→ 起床後すぐ、スーパードラマTVにて米国ドラマ『ゴシップ・ガール』を視聴→ その後BSのD-Lifeにて米国ドラマ『ゴースト 天国からのささやき』を視聴 それから仕事(毎日ではないですが)(¯ー¯)っと言う日々を送っています。
 まぁ、ともかくナマケモノ

 ところで、アラフィフのウチの旦那が、遅出の日に私と一緒に『ゴシップ・ガール』を楽しそうに見ているのですが、いかがなものでしょう
 オヤジも嵌る女子ドラ『ゴシップ・ガール』(o¯▽¯o)
 ワタクシもビッチな"S"と"B"に夢中です


 まぁ、またしてもワタクシの日常の下らない前置きはさて置き、超特急仕事を片付けて、大騒ぎしていたコレ見てきました♪
Iron Sky
月からナチスが攻めてくるぅ~(•´▽`)♪ 

     映画タイトル: Iron Sky(アイアン・スカイ)
     製作国: フィンランド・ドイツ・オーストリア
     公開年: 2012年
     言 語: 英語・ドイツ語 
     ジャンル: ブラック・コメディ(ラブコメ??)

 まぁ、これも前回見たサシャ・バロン・コーエン版『Dictator』同様、込み入ったStoryもなく。
 でも、『Iron sky』はデート・ムービーとしても使えるよ 理由は以下を読んでねん

 AD2018年、強欲大国アメリカは大統領選の宣伝で黒人モデルのジェームズ・ワシントンを月に送り込んだが、そのワシントンが何者かに捕獲される!!
 ワシントンを捕獲したのは、第二次世界大戦後、月に逃げたナチスだった
 そして、ナチスはワシントンを案内役にして、iPhonを手に入れるために地球へ。
 でも、iPhoneは、クラウスがナチス総統の座を略奪し、地球を攻める口実だった!!!
 っと言うような感じのお話ですわ

 
 多分、以下、ネタバレしすぎですわ(・ε・;)注意して読んで。
-- 続きを読む --

Category: 映画 ゆるい系

tb 1 : cm 0   

Viva(^ー^)ノ 映画『ルドandクルシ』 

 여러분 안녕하세요~(^ー^)ノ

 私も韓国語の宿題しなくては~( ̄_ ̄;)
 仕事もせず、資格取得のための勉強も特にしていない私(@@;)にとっては、韓国語の勉強は、今後、何をしようか考えていく上でもとっても重要なおシゴト。。。。。。。

 このまま、韓流ファンを辞めてしまうのではないか( ̄ー ̄)と危惧していたワタクシですが、昨日、漸く新たな韓国ドラマに手をつけました。
 『天下無敵のイ・ガンピョン』
天下無敵イ・ガンピョン

 只今2話まで見ました。
 オンダル(チ・ヒョヌさん)の馬鹿坊ちゃんぶりにかなりイラっとさせられています( ̄ー ̄メ)
 でも馬鹿坊ちゃんも、実は根はイイヤツで、お話が進むにつれ変わっていくらしいので、楽しみにしております(’ー^)
 このドラマも楽しく見れそうです(^▽^)ノ


 さて、本日の本題、映画『ルドandクルシ(Rudo y Cursi)』(2008年/メキシコ)です。
 メキシコの人気俳優ガエル・ガルシア・ベルナルディエゴ・ルナの競演作品です
 前々からブログに書いていますが、ワタクシ、ガエル・ガルシア・ベルナルのファン( ̄ε ̄)
 しかも、製作陣も豪華
   アロフォンソ・キュアロン: 『天国の口、終わりの楽園』
   アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ: 『バベル』
   ギレルモ・デル・トロ: 『パンズ・ラビリンス』

 ラテン映画ファンには涎モノの映画ではないでしょうか???
 そして、ワタクシには、ガエル&ディエゴの競演が、韓流フォーカード以上に涎モノ

Rudo y Cursi

   ↑↑↑左がディエゴ・ルナで、右がガエル・ガルシア・ベルナルでよ

 さて、ガエルとディエゴが演じるラテン兄弟はどうなるでしょうか

 おまけに、映画予告のYoutubeも

 ほら、見たくなってきたでしょ

 《いつもの大雑把なあらすじ》ネタバレ注意!!
  バナナ園で働く冴えないアラサー(?多分)兄弟の兄べト(ディエゴ・ルナ)
 とタト(ガエル・ガルシア・ベルナル)。
  ある日、タトとべトは、スカウトのオヤジ(いつも違う女を連れている)に
 スカウトされ、プロ・サッカー選手に。
  ちなみに、ベトはゴール・キーパです
  サッカー・セレブとなるタトとべト。
  でも、そんなウハウハな生活には落とし穴があって。。。。。
  
-- 続きを読む --

Category: 映画 ゆるい系

tb 0 : cm 8   

映画『銀河ヒッチハイク・ガイド』 緩い笑いがツボに( ̄▽ ̄;) 

 여러분 안녕하세요~(^ー^)ノ
 
 就職活動も気まぐれ、鬱のリハビリもサボり気味で平和な日々を送っているチョンミです(◎▽◎;)
 またまた、今回も韓流ファンには絡み辛~いネタです(・_・;)

 韓流のレビューは、2月初旬頃の『スポットライト』までないと思います(Θ▽Θ)
 実は、だらだらTime(平日の昼間の暇な時間)が減ってしまったため、韓国ドラマを何から手をつけてよいのか(?ー?)悩んでいるところです
 見たいのはいっぱいあるのですけど。。。。。。『トリプル』が気になる。。。。。。


 ところで、新年一発目の映画はコレ
 「地球の皆さ~ん、銀河系バイパス建設のため、地球は今から取り壊されま~すぅ!!」
 そして、地球上で最も賢い生物は??
 ちなみに、3位は人間、2位はイルカです(ーoー) 

The hitchiker's guide to the galaxy1
 
 『銀河ヒッチハイク・ガイド(The hitchhiker's guide to the galaxy)』(2005年/アメリカ)
 イギリスの有名なSF小説の映画バージョンです。
 実は、チョンミ姐さんも宇宙人&UFOネタが大好きです
 でも、特にSF好きではありません。ちなみに原作は読みました( ̄▽ ̄;)
 映画公開当時、忙しくて見に行く時間がなかったので本で済ませようかな(?ー?)と思いまして。。。。。。。。。←大都市圏に住んでいる方は解りますよね!!電車に乗っている時間はいっぱいあるケド、映画館まで足を運ぶ時間はない( ̄▽ ̄;)
 SFファンではない私には、原作が難解であったため、この映画を見るのを躊躇していました(・_・;)
 見た結果は??

The hitchhaiker's guide to the galaxy2

 《非常に大雑把なおはなしの内容》
  地球が銀河系バイパス建設のため取り壊されるって(Θ▽Θ)?
  銀河系バイパス建設のために、地球が秒殺されてしまいます
  地球人の最後の生き残りが軟弱男子アーサ・デント(マーティン・フリーマンさん)。
  そのアーサを救ったのが、銀河系ヒッチハイク・ガイドの編集者フォード(モス・デフ)。
  フォードは実は地球人でなく、ベテルギウス星系の小惑星出身の宇宙人。

  アーサとフォードは取り敢えず、地球を破壊したヴォゴン星人の船に乗り込みますが、
 ヴォゴン星人はヒッチハイカーが嫌いなため、船外追放
  そこへ、ありえない確率でゼイフォード・ビーブロックス(サム・ロックウェルさん)が
 パクッた「黄金の心」号が通りかかり、アーサとフォードが救出されます。
  「黄金の心」号の中には、アーサが仮装パーティで知り合って一目ぼれした地球人
 トリリアン(ズーイ・デシャネルさん)とパラノイア・ロボットのマーヴィンもいた
  トリリアンは、たまたま地球に立ち寄ったゼイフォードに「宇宙船乗らないか?」
 とナンパされ地球破壊直前に地球を脱出していました。
  ナノデ、トリリアンは、地球が壊されたことを知らない( ̄▽ ̄;)

 そんな5人の生命の真理を探す旅は?
 破壊された地球はどうなるのぉ~???



ゼイフォード
 私の原作,映画ともに一番お気に入りのキャラクター、銀河系大統領のゼイフォード・ビーブロックス
 (^ー^)ノ
 ノリで銀河系大統領やっています。しかも、大統領のくせに「黄金の心」号を盗んでしまうし(・_・;)
 ゼイフォードが適当に銀河系バイパス建設の書類サインをしてしまったために地球が取り壊されてしまいます( ̄▽ ̄;)

 演じたサム・ロックウェルさん、はじけていましたね~
 ゼイフォードのバカっぷりに大爆笑(^▽^)

トリリアン
 もう一人のお気に入り、アーサと共に生き残った地球人のトリリアン(^ー^)
 美人で、頭が良くて、少々変わり者で、勇気のある女性。
 そんなトリリアンを見事にズーイ・デシャネルさんが演じています
 ちなみに、トリリアン、映画ではアーサとLoveLoveになりましたが、原作ではゼイフォードとくっつくみたいです
 映画も、ゼイフォードとLoveLoveになって欲しかったなぁ~(・ε・)
 
マーヴィン
 そして、負のオーラを発散しまくるロボットのマーヴィン。
 負のオーラの発散ぶりがすごい(◎▽◎;)
 最後は、この負のオーラで敵を倒してしまいます( ̄▽ ̄;)

 実は、マーヴィンには人が入って演じているらしいのですよ!!
 マーヴィンの衣装の重さは20kg。中に入っている人の体重は38kg。お疲れ様でした








 そして、評価は、
     評価:☆☆☆☆5つが最高)
       「緩い笑い」が気に入ったので、かなり甘めの評価にしました(・ε・)

 映画の方は、原作より解りやすく、よくまとまっていた思います。
 中盤、「無限不可能ドライブ」??とか訳の解らない単語や数字がいっぱい出てきましたが、全般的に漂う緩~い笑いがツボに来ました
 そして、緩ーい宇宙人達にも笑いが(^▽^)
 ちなみに、宇宙人達は「着ぐるみ」だそうですよ~(◎▽◎)
 役者さん達のハジけっぷりにも拍手です(^ー^)ノ 

 新年一発目から私の笑いのツボに来る映画に当たったので、今年はいいことがありそうです

 あっ(ーoー)!地球もネズミ達の発注でバックアップが作られており、無事に元に戻りました

-- 続きを読む --

Category: 映画 ゆるい系

tb 0 : cm 4   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。