07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

海外ドラマと、映画少し、猫少し

ダメな大人です。 海外ドラマ好きで、日本語で視聴できるなら、どこの国の物でも見させて頂いております。 ここでは、海外ドラマ,映画について、緩く軽いジョークを交えてコメントしております。 緩い笑いに日頃の疲れを癒して頂けると幸いです。

 

ドイツ映画『ありがとうトニ・エルドマン』  ドイツ版『お父さんは心配症』 

 Добрий День (ドーブリ・ヂェーニィー/こんにちわ)

 特に書きたい作品もなく、久々に更新してみたわ。
 今回は、めちゃめちゃ面白くなかったけど、視聴後じわじわときた映画について感想でも
 毎度の如く、『ぴあ映画生活』に自分が投稿した感想にちょっと手を加えただけのものですが

ToniErdmann01




  【いつもの大雑把なあらすじ】
   経営コンサルタント会社(?)で出世を目指す娘イネス。
   娘イネスは働き過ぎで、家族と疎遠で、ルーマニアの首都ブカレストで鬱病
  一歩手前と言うか、もう既に軽く鬱。
   そんな娘イネスを見かねた父親は、トニ・エルドマンと言うキモイ人格を作り上
  げて、娘イネスを楽しませようとするのです

   

 一言でこの映画を表すと、『お父さんは心配症 in German』。
 
 『お父さんは心配症』、、、、、、、そんな漫画日本にありましたね。
 私はこの漫画をチラっとしか読んだことありませんが、映画を見ながら、この漫画を思い出しました。
 と言う事は、日本にはこの手の話が既にあったのか、、、、、、だから既視感があったんかw
 ただし、この映画の娘イネスはaround 40 (多分) のいい大人ですが。

 鬱病一歩手前の娘イネスが、サラリーマン時代の自分見ているみたいで、心が痛かったわ

 娘イネスが住んでいる高級デナイナーズ・アパートは、素敵な部屋の中に雑誌等が乱雑に置かれていて、彼女が如何に疲れているのかが表されていて芸が細かくて良かったです。 (恐らく、日本のドラマとかだと、仕事に追われるキャリアウーマンの部屋でも綺麗に片付いている。)

 環境先進国ドイツの映画なのに、娘イネスが石油関連と言うちょっと環境先進国らしからぬ会社のコンサルタントに勤めているのは、働き過ぎの娘イネスに対する皮肉??

 悪い映画じゃなかったけど、淡々とし過ぎていて、ともかく長かったです
 世界が絶賛するほどの作品でもなかったかも、、、、、、、

 恐らく、関西でお笑いについてスパルタな教育を受けた人には、父娘の笑いのセンスがイマイチかと思います。
 忙しさと、父の奇行に悩んでブチ切れた娘が、自らの誕生日パーティーを裸族パーティーにしたのは如何なものかと、、、、、、、欧米人的な発想ね 動物の着ぐるみ ぐらいにしときなよ、、、、、、 因みに、娘イネスは、around 40なのに、羨ましいぐらいスタイルが良いです。
 イマイチな笑いのセンスの中、お父さんの毛むくじゃらのクケリの着ぐるみはNiceでした
 はっ、父娘のイマイチな笑いのセンスがこの映画のツボなのか?!!

 
 そして、私がこの映画を見ていて最も気になったのは、娘イネスが働いているルーマニアの現在。
 地方には舗装もしてないような道路が普通にあり、上下水道が通っているかかなり怪しい田舎の家がある一方、ヨーロッパ最大のショッピングモールに、外国人達や成金が集まる高級ホテルにクラブ。
 正直、我々のイメージする先進国ヨーロッパではなく、凄くアジアっぽい。
  また、ルーマニアに油田があることを初めて知りました。
 しかも、採油方法が手掘り。 ←これは映画の演出??

 ルーマニア語って、イタリア語と近いハズなのに、ルーマニア人役の役者さん達が喋っていた言葉がロシア語に近い響きだったような気が、、、、、、

ToniErdmann02


 なお、この映画の結末は、出世を目指して鬱病一歩手前の娘イネスが、お父さんの別人格トニ・エルドマンおかげで、ブカレストの上部だけ仲良しゴッコをしている友人達と縁を切り、穢れ仕事を辞めたようです。
    ↑↑↑
   ここが、「ありがとう!!!トニ・エルドマン!!!」 MAX

 娘イネスは、ルーマニアの首都ブカレストを去った後、シンガポールの会社に転職し、どんな生活を送っているか知らないが、ドイツから離れて生活している。
 人って簡単には変わらないものですね。
 まぁ、そこが、この『ありがとうトニ・エルドマン』が、ハリウッドのお気楽映画と違って良いとこなんだと思いました。

 お祖母さんの葬式でドイツに帰国した娘イネスは、お父さんのトニ・エルドマンもどきの仮装をして、お父さんが苦労してトニ・エルドマンを演じていてくれた事を知る。 ←今ここ


 では、次回の更新で
 До Свидания
スポンサーサイト

Category: 映画 ハートフル系

tb 0 : cm 0   

映画『好きにならずにいられない』  ヒンリカやんか!! 

 Добрий день

 
Fus01

 『好きに・・・』、近年、世界的に優良なコンテンツを輩出しているアイスランドの作品と言う事と、映画のポスターのかわいさに惹かれて劇場で鑑賞しました。
 非常に地味な映画です。
 作品概要は、いつも同様、『ぴあ映画生活』を参照して下さい。



 まず、体重200kg超の43歳オタク童貞フーシについて。
 日本だと彼みたいな人は珍しくないですよね。
 まぁ、日本人だと、育っても、体重はせいぜい100kg~150kg程度でしょうけど。
 そして、大抵はフーシほど優しくないな(笑)
  大学の同級生にフーシそっくりな人がいたわwww 外見だけじゃなく、性格も少し。 当然こんなに優しくなかったですが! 

 そして、見終わって、まず思ったのは、「何でフーシはシェヴンを病院に連れていかんかったんやろ?」です。
 恐らく双極性障害と思われるシェヴンに心療内科等で適切な治療を受けさせたら、フーシはもっと幸せになれたかも、、、、、、いや、他の男に走られるから、幸せになれないか、、、、、、

 この作品の評価は、甘めの80点としました。
 なぜなら、ハッピーエンドではなかったけど、見た後、見返りを求めないフーシに心が癒され、ハッピーエンドじゃなくてもいいかっ!っと思えたため。
 加えて、デンマークとの共作ではあるけど人口30万人の国でこれだけの質のものを作ってしまうアイスランドに敬意を表してです。


 また、この映画では、つい先日 (2016年5月~7月) 日本でもでも放送され、私も視聴したばかりのアイスランドのミステリー・ドラマ『トラップ ~凍える死体』に出演していた俳優さんを何人かお見かけいたしました。
 まぁ、『好きに・・・』も『トラップ』も人口30万人の国の作品なので、当然何人かはトラップに出演していた俳優さんがこの映画に出演しているんだろうな~と思って映画を見たんですけどね
 おおおおおぉ!!いきなり大物が
 フーシが好きななる女性シェヴン役の女優さん、トラップ主役の一人のヒンリカ役だったリムル・クリスチャンスドッティルさんじゃないですか!!

Fusi02


 心優しい田舎の警官ヒンリカも良かったですが、一見自由奔放だけど心を病んでいてフーシを振り回すシェヴン役も彼女のキュートな外見が生かされていて良かったです。

Fusi03

 
 リムル・クリスチャンスドッティルさん、映画撮影時の年齢は30代半ばなのですよね
 欧米人には珍しく童顔で、笑顔が凄くキュートでした。 そら、フーシが惚れるわけだわ。


 では、次回の更新で。 До Свидания!


↓↓↓ 映画『好きにならずにいられない』、地味な作品だけど、心が癒されるので、ぜひ見てね!!

Category: 映画 ハートフル系

tb 0 : cm 0   

映画『彼は秘密の女ともだち』 多分こういう事だと思う 

 Зудравствуйте

 今回は、お洒落でキュートなフランス映画。

彼は秘密の女ともだち01





    映画の詳細は ぴあ映画生活 で見てね。


  まず、ほとんど化粧していなくて、中性的なファッションをしていてもキュートな主人公クレールを見ているだけで、満足しました
  クレールちゃんのオフィスファッションは、地味だけどお洒落で、日本でもオフィスで好感度が高そうです。

 そして、「ああフランスだからね(笑)」って感じの映画でした。

彼は秘密の女ともだち02
クレールちゃんがとてもキュート
ひょっとして罪作りな女??


 以下、ネタバレが入ります。
-- 続きを読む --

Category: 映画 ハートフル系

tb 0 : cm 0   

映画『旅するジーンズと16歳の夏』&『旅するジーンズと19歳の旅立ち』 

 여러분 안녕하세요~(´・`) 너무 졸려요(_ _)。。〇゜

 若干、お久しぶりです
 体調が悪くって(+o+)、この記事も途中まで書いて放置していました。
 しかも、昨日は一日寝ていたし、今も頭痛がする(TーT)

 あと、ハングル検定3級オワッタ( ̄▽ ̄∥)様々な意味で(・ε・;)
 아마、、、、、、、떨어질 것 같아요
 次回はガムバリマス( ̄ー ̄)o
 
 今回はドラマ予告をしていましたが、映画での更新となります。
 なにせ、DVDのHDがパンパンで、、、、、、容量を取っている映画から片付けることにしました

 今回見た映画は、主演4人の内3人が人気ドラマの主演と言う(◎◇◎)豪華キャスティングの爽やかな青春映画です(’ー^)b
 見た映画はコチラ
The sisterhood of the travering pants

 『旅するジーンズと16歳の夏(The Sisterhood of the Traveling Pants)』(2005年/アメリカ)

『旅するジーンズと19歳の旅立ち(The Sisterhood of the Traveling Pants2)』(2008年/アメリカ)


 生まれた時からずっと一緒に育ってきた仲良し4人組の女の子達が、16歳の夏休みに初めて、4人離れ離れになって過ごすことになります。
 離れ離れになる前に、どんな体型の子でもピッタリと合う不思議なジーンズに出会います。
 4人はそのジーンズを入手し、離れ離れになっている間、1週間ずつ順番に不思議なジーンズを手紙を添えて回していくことにします。
 さて、4人は離れ離れになっている間にどのような出来事が起き、大人になっていくのでしょうか(?ー?)

 
 とりあえず、主役4人についてちょこっとコメントを。。。。。
-- 続きを読む --

Category: 映画 ハートフル系

tb 0 : cm 4   

ライアン・レイノルズと영화『バグダット・カフェ』 

 여러분 안녕하세요~(^ー^)ノ

 鬱病のデイケアで、金曜日にスーザン・ニコルのDVDを見ながらヨガをしました。
 翌日から、異常に右肩が痛い
 『右肩石灰沈着性骨液包炎』(50肩の一種らしい)の再発かも~(TーT)
 とりあえず、また、夜間に救急病院に運ばれる前に、病院に行ってきます~
 私は、「スーザン・ニコル」にはなれません(TーT)!!

 そして、悲しいことに、『Being Erica season2』の試写会外れてしまったみたい
 あんなに、「エリカ役のエリン・カープラックさんに会いたい!!」と大騒ぎしていたのに。。。。。。。愛が足りなかったのかな

 さて、今回の本題の「ライアン・レイノルズさんと映画バグダット・カフェ」です。
 今回も韓流なし+記事が長いよ~

 まず、ライアン・レイノルズさん(34歳/カナダ人/俳優)。
 コノ人、アメリカの雑誌『PEPOLE』で「今年の最もセクシーな男子」に選ばれたそうです。
 映画通の方なら、ライアンさんご存知だと思いますが、スカ子(スカーレット・ヨハンソンさん)の夫。
 私、、、、、知らんかった。。。。。。。 
 世界のゴシップ好き失格ね。。。。。。。。。。

 っと言うことで早速、ライアン・レイノルズさん出演の映画『あなたは私のムコになる(The Proposal)』(2009年/アメリカ)をDVDレンタルして見てみました。
あなたは私のムコになる


 ん~ライアンさん、、、、、お顔が私の好みではなさそうです。
 ライアンさんの年下の草食系男子の役も、ちょっとキツかったなぁ~(・ー・;)
 同じ34歳カナダ人俳優だったら、タイロン・レイツォさんのドラマ『Being Erica』でのイ-サンの草食系男子っぷりの方が良かったです

 この映画自体も、なぜ主演の2人が惹かれあったかもよくわからず、イマイチでした。
 『わたムコ』の評価は、
     評価: ☆☆ (☆5つが最高評価)
     ライアン・レイノルズさんに: ☆☆☆
        他の作品に期待したいので、ライアンさんの評価は意外とフツーです(^ー^)

--------------------------------------

 そして、今回のハイライト(’ー^)ノ!!映画『バグダット・カフェ(Out of Rosenheim)』(1989年日本公開/製作:西ドイツ・アメリカ)
 私は、ニュー・ディレクター・カット版で見ました

 『バグダット』公開当時、ミニ・シアター・ブームを代表する一作品だったそうですね~。
 そんな、作品とも知らず、タイトルに惹かれて見てしまった作品です( ̄▽ ̄;)
 当然、映画の内容に関する知識も全くなく。。。。。。(・ー・;)
 私、、、、、、コノ映画、、、、、、まだ平和だった頃のバグダット(イラクの首都)のカフェに集まってくるヒッピー達のお話と思っていたんですよ~(ーoー;)(▽ ̄)ノ( ̄▽ ̄;)本当の映画の内容は違います!!
 大丈夫か???私(?ー?)
 
 でも、本ト!!いい意味で裏切られました。
 2人の中年女性の心の交流を描いた、とても心温まるステキなお話デス
 では、ネタばれ有りの感想を。。。。。

バグダッド・カフェ ニュー・ディレクターズ・カット版 Blu-ray『バグダッド・カフェ』 ニュー・ディレクターズ・カット版
(2010/06/26)
マリアンネ・ゼーゲブレヒト、CCHパウンダー 他

-- 続きを読む --

Category: 映画 ハートフル系

tb 0 : cm 6