10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

海外ドラマと、映画少し、猫少し

ダメな大人です。 海外ドラマ好きで、日本語で視聴できるなら、どこの国の物でも見させて頂いております。 ここでは、海外ドラマ,映画について、緩く軽いジョークを交えてコメントしております。 緩い笑いに日頃の疲れを癒して頂けると幸いです。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

英国ドラマ『TORCHWOOD』祭り 閉幕( ̄ー ̄) 

 Hyvää päivää~(^-^)ノ(ヒューヴァー パイヴァー/こんにちは)

 「どこの国のドラマ・映画でも日本語で見られるなら見ます!!」と唄っているこのブログです。
 が、リンクを貼らせて頂いている方のブログにおじゃましたら、「最近、洋ドラについてしか書いていないじゃないか!!」と、突っ込みが(・ε・)
そう( ̄- ̄)、最近、洋モノのドラマしかほとんど見ていない、、、、、、ワタシ(・_・;)

 原因は明らかに、『Docotor Who』関連の作品に嵌りすぎたことにあります
 『Docotor Who』⇒『TORCHWOOD(トーチウッド)』、そして『Docotor Who』へ・・・の流れ、伏線の張り方が見事なんですよね(◎◇◎)本当に芸術もの!! 全く繋がりのないエピソードが後に違うエピソードと繋がっていったりと。 何か違う意味で鳥肌もの、感激しまくりです
 また、『Docotor Who』、『TORCHWOOD(トーチウッド)』ともに、美術的にも素晴らしかったと思います。 ドクターの故郷ガリフレイの風景や、ジャックの故郷ボーシェイン半島の風景、共に悲しくも美しく
 プラス、私、プチSF好きなので、緩いSFの世界にハードに癒されて(いや、これは癒されるものじゃないだろ!!)、抜けられませんでした 
 緩い宇宙人orエイリアン(でも、彼らは凶暴であることが多い)が、たまらんかったのじゃ
(´▽`)♪


 さて、肝心の『TORCHWOOD』祭り。
 『TORCHWOOD』、世間では、ゲイ・ドラマとして有名ですが、ちゃんとしっかりしたSFミステリー・ドラマです。 なのでぇ!!心して見て頂きたい!!

TORCHWOOD

 Season2の最終回にて、宇宙人との戦いではなく、ジャックの弟グレイの積年の恨みによって2名の殉職者を出したことに非常にショックを受けました
 でも、まぁ、宇宙人との戦争はアメリカ(ドラマ『V』)にやらせておけば、よいのであって(・ε・)
 ↑↑↑こう考えると全てを素直に受け入れられるドラマ。 ←それがTORCHWOOD。

Jack03
TORCHWOODのリーダ キャプテン・ジャック・ハークネス役: ジョン・バロウマン

 不死身のジャックはAD1900年より、トーチウッドに勤務している。
 なお、今回のドラマの舞台であるTORCHWOOD3は、勤続100周年でジャックがもらった物である。

 ジャックの弟グレイのジャックに対する積年の恨みとは何か?
 それは、ジャックとグレイが幼い頃、ボーシェイン半島が凶暴なエイリアンに襲われ、ジャックとグレイが逃げる時、ジャックがグレイの手を離してしまったこと。
 その後、グレイは凶暴なエイリアンから拷問を受け続け、キャプテン・ジョン・ハートに助け出された頃には、ジャックに相当な恨みを持つことになるわけで(´・`)
 ジャックはわざと手を離したわけではないけど、苦しい(>_<)

 そして、ともかく、話が進むにつれ、ジャックのM化が進む(@@;)Season2のラスト2話は、ドM過ぎて、かなり笑えるよ
 ちなみに、第26話(Season2 13話)では、まずジョン・ハートに銃でハチの巣にされ→ 吊るされて、電流を流される→ AD27年に連れて行かれ→ 刃物で刺されて→ 2000年近く生き埋めにされる(笑)
愛するDocotorに関しては、まずDoctorに再開するまで1世紀以上地球で待ち(この時トーチウッドに捕獲される)→ 再開するも、サクソンの空母で1年間、毎日銃弾を浴びせられ→ 怒涛の1年から開放されるも、人類はその怒涛の1年を覚えていない(『Doctor Who』Season3)→ そして、2000年近く中で埋められ、大切な仲間を失った後『Doctor Who』Season4でDoctorに再開(らしい?)。
 うーーーーーん( ̄- ̄)、ジャックの人生はかなりHardだ!!

 そして、やはり気になるのは『Doctor Who』Season4でのジャックとDoctorの再会。
 『Doctor Who』では陽気な・いじられキャラのジャック。
 こんな、悲しい出来事が沢山あった後でも、陽気な・いじられキャラで登場するのかしら?? かなり気になるぅ~!!


Gwen03
 新婚ほやほやのグウェン・クーパ役: イヴ・マイルズ

 学生時代からの恋人リースと結婚した。グウェン。
 何故か、グウェンの周りにいるTORCHWOODメンバー以外の男は、頭が弱い(´・_・`)
 夫リースもそうだし、元.同僚のアンディもそう。
 でも、リースは誠実で、グウェンのためならどんな危険も犯してくれる人。
 リース、ルックス的にも太っていて、トキメキ感かなり減ではあるが、多分、私もリースを夫に選ぶと思います( ̄- ̄) 結婚ってそう言うものだ。

 それにしても、グウェン姐さんは強い!!顔色一つ変えず、エイリアンに銃をぶっ放す!!カッコエエ~(´▽`)♪


Owen03
本当は真面目君で優秀な医師 オーウェン・ハーパー役: バーン・ゴーマン

 この人、最初は嫌いだった( ̄ε ̄♯) チャライし、やたらとグウェンとジャックに喧嘩吹っかけるし、オーウェンに片思い中のトシコは無視だし。 かなり、無礼なヤツ(`皿´)
 でも、お話が進むにつれ、実は真面目な人だと判ってきて、好きになってきました。
悲しい出来事があってグレているけど、一人でも多くの人を救いたくて医師になったオーウェン。
 オーウェン役のバーン・ゴーマンssiの演技も上手かったしね。

 ところで、オーウェンの白衣には、缶バッチがかなりいっぱい付いていたよ(@@;)実はお茶目??
 なお、イギリスとアメリカの共同制作となった『TORCHWOOD Mircle days』(Season4)には、ちょろっとオーウェンの名前が出てきます

Ianto03
ジャックのカワイイ恋人(♂) イアント・ジョーンズ役: ギャレス・デヴィッド・ロイド

 もともと、TORCHWOOD1(『Doctor Who』Season2のカナデワーフの戦いの舞台)に勤務していたイアント君。
 最初は、半サイバーマン化した恋人のリサを助けたくて、ジャックに接近したものの、何故か、お互いラブ光線ビシバシ( ̄- ̄)
 TROCHWOODのペットの飛竜(チョコレートが好物)を一緒にジャック捕獲したことで、TORCHWOODの受付係りとして採用されたイアント君。
 なお、イアント君とジャックのデートはウィーヴィル(下水道に住むエイリアン)狩り♪
 彼、カワイかったなぁ(・ε・) 所謂、イケメンとかではないけど、ジャックに対する愛が初々しくて
 ともかく、ジャックに恋する真面目なイアント君のファンになってしまった私(・_・;)


Toshiko03
ジャックの右腕的存在の天才数学者サトウ・トシコ役: 森 尚子

 ジャックに最も信頼され(多分)、ジャックを最も信頼しているTORCHWOODメンバー。
 母が何者かに捕らえられ、母を救出するために、国防省の機密を盗み、ソニックなんとかを作ったトシコ。 ソニックなんとかって、Doctorの愛用しているソニック・ドライバーのこと??
 だが、国家反逆罪で捕まり、市民権を剥奪され、獄中生活を送ることに。
 ソニックなんとかを作るトシコの頭脳に注目し、TORCHWOODに勧誘するジャック。
 晴れて制限つきだが自由?の身になるトシコ。 ←だから、ジャックに一番従順だったんだね

 結局のところ、Season1,2のKey Personはトシコだったのかな??
 Doctorにも会ったし、タイムスリップもしたし。
 そして、「TORCHWOODメンバーは孤独だ!!」とグウェンに冷笑されていたけど、一歩先に亡くなってしまったオーウェン以外のメンバーに見守られて息を引き取るトシコ。
 よかったね、トシコ。 皆に看取られて。 そして、オーウェンにも思いが通じたし。

 トシコ役の森 尚子さん、月並みな言葉だけど、よかったな


 ところで、『Doctor Who』、嵌ったついでに、Amazon UKにて、こんな物も買ってみました。
Doctor micro figure

 Doctor愛用のソニック・ドライバーも付いていて、カワユイ。


 さて、次回以降の更新は多分、韓国ドラマ『別巡検Season1』→韓国ドラマ『個人の趣向』の予定です。
 Näkemiin~(ナケミーン/さようなら)

関連記事
スポンサーサイト

Category: Doctor Who&TORCHWOOD

tb 0 : cm 2   

コメント

アンニョン、チョンミさんv-222

チョンミさんのブログは、英国ドラマ祭りデスネーe-454

米国ドラマじゃなく英国ドラマっていうのもe-461

今は韓ドラしか見ない私ですが、唯一見た英国ドラマがあります。
『高慢と偏見』です。

以前、映画『ブリジットジョーンズの日記』にハマっていて、

本作が、『高慢と偏見』をベースにしていて、
なおかつドラマも映画も俳優コリン・ファースを起用した点で
すごく気になって、DVD買っちゃいました。

チョンミさんが愛聴しているドラマのジャンルとはだいぶ違いますが、
なかなか面白い作品でした。

ごんオンマ #- | URL | 2012/08/17 23:34 [edit]

ごんオンマさんへ

 ごんオンマさん、アンニョーン(^ー^)ノ
>
> チョンミさんのブログは、英国ドラマ祭りデスネーe-454
> 米国ドラマじゃなく英国ドラマっていうのもe-461

 v-154そう(・ε・)何気に、英国と私は相性が良いのです。
 10年以上前にも、英国ドラマ『宇宙船レッド・ドワーフ号』で盛り上がっていました。
 密かに、ハーレクインも読んでるし( ̄▽ ̄;)(原作を元に日本の漫画家が描いたものですが、コミックが特に面白いよ~。)
 ただし、英国とは、言語だけは相性が悪いですが、、、、、e-441

 オホホホホホホ~( ̄▽ ̄)ノ
 ごんオンマさんの、嵌った『ブリジョ』。
 私も原作読んで、映画も見ましたよんe-348
 映画は言葉が早すぎて字幕が追いつけずで少々テンションダンウンでしたが、原作は好きです。

 そして、ごんオンマさんと同じように、『ブリジョ』でひたすら『高慢と偏見』が出てきたので、コチラも本を読んで、キーラ・ナイトレー出演の映画も見ました。
 『高慢と偏見』、単調すぎて映画は寝てしまいました(笑)が、原作も少々刺激は足りませんでしたが、まあまあ良かったです。 原作については、時代が時代なのでこんなものでしょう。
確か、『高慢と偏見』のドラマバージョンは、LaLaTVでも放送されていましたっけ(・_・?)?

チョンミ #- | URL | 2012/08/20 12:25 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chonmi.blog88.fc2.com/tb.php/251-11765947
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。