08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

海外ドラマと、映画少し、猫少し

ダメな大人です。 海外ドラマ好きで、日本語で視聴できるなら、どこの国の物でも見させて頂いております。 ここでは、海外ドラマ,映画について、緩く軽いジョークを交えてコメントしております。 緩い笑いに日頃の疲れを癒して頂けると幸いです。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

スウェーデン版『ミレニアム1,2,3』 スウェーデンの水戸黄門(?_?) 

 여러분 안녕하세요~(^ー^)ノ
 
 暇と言うか何と言うか、、、、、
 急に仕事がキャンセルになり、昨日一日かけて、スウェーデン版『ミレニアム』シリーズの2,3を見ておりました

 2012年は『Dr.Who』&『TORCHWOOD』Yearだってけど、2013年は『ミレニアム』Yearになりそうです(汗)

 肝心の小説『ミレニアム』の方は、『ミレニアム2 火と戯れる女』のダグ(人身売買について追っていたジャーナリスト)と、ダグの恋人ミア(フェミニスト、これまた人身売買の件で博士号を目指している)が惨殺された所で止まっております
 やはり仕事の疲れが出てきているせいか、電車に乗っていても、読書する気になれず(・ε・)亀の歩みで進んではおりますが、やや放置プレイ中。


 本当は、全部小説を読んでから、映像の方を見ようと思っていたんですが、、、、、特に見たい作品もなかったので、小説完読より先に見ちまいました(・ε・)
 スウェーデン版『ミレニアム』シリーズ1,2,3の感想をどうじょ 

Millennium

     タイトル: ミレニアム1 ドラゴンタトゥーの女
           ミレニアム2 火と戯れる女
           ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士
     製作国: スウェーデン
     製作年: 2009年
     言語: スウェーデン語
     出演: ジャーナリストのミカエル・ブルムヴィスト役⇒ ミカエル・ニクヴィスト
         天才的調査員のリズベット・サランデル役⇒ ナオミ・ラパス

 以下、ネタバレアリアリなのでご注意を。


 ジャーナリストのミカエル・ブルムヴィストが、凄腕の調査員リズベット・サランデルを助手にして、40年前に起こった『クリミナル・マインド』的猟奇的殺人事件を解決し、優良企業と言う名の詐欺師ヴェンネルストレムを社会的に抹殺して幕を閉じた『ミレニアム1 ドラゴンタトゥーの女』。

 何故か、一年、ミカエルと全く連絡を取らなくなったリズベット。 ←意味不明なのはここだよ!!ここ!!! スウェーデン版だと、リズベットがエリカに嫉妬して怒っているのが全く分からないので、本当にリズベットの失踪が意味不明です
 出版社ミレニアムでは、ヴェンネルストレムに次ぐ新たなテーマとして、「政府役人,警察等による売春」の実態を取り上げ、若きフリー・ジャーナリストのダグの取材内容を元に、雑誌『ミレニアム』の出版準備を進めていた。
 人身売買及びその他麻薬系の犯罪の首謀者である謎の人物Zala(ザラ)にたどり着けないミカエル&ダグ。
 『ミレニアム』の人身売買特集&ダグのルポルタージュの出版を控え、ダグ&ミア・カップルが射殺。
 凶器となった拳銃の指紋から犯人はリズベットと言う事に。
 リズベットは犯人でないと信じるミカエル。
 真犯人を追うリズベット。
 超悪党のZalaは、ソ連から亡命したリズベットの実の父親で、数々の殺人事件を起こしているのはリズベットの腹違いの兄の"金髪の巨人"だった。
 瀕死の状態で、ミカエルに救出されるリズベット。
 ミア&ダグの殺人犯は、"金髪の巨人"に断定されるものの、父親殺人未遂の容疑にかけられるリズベット。

 政府の古狸達が、リズベットの父ちゃんを通じて、売春、麻薬の密売の利益等の甘い汁をすっていた
 政府の古狸達は、自分達の悪事を隠蔽するために、まずリズベットの父ちゃんを殺し→リズベットを精神異常者として外に出さないよう工作する。
 ミカエルの頼みにより、リズベットの弁護を引き受けるアニカ(ミカエルの妹)
 虐待を受け続けたリズベットの半生を、リズベットのために出版しようとするミカエル。
 ともかく、小児性愛者の精神科医テレボリアンにより、精神異常者にされるリズベット。
 でも、正義はあって、公安警察の中にも古狸達の悪事を見過ごせない人々がいた!!
 どんな資料を基にして断定したのか、私にはよく解らなかったけど、次々逮捕される古狸達。
 無罪になり、晴れて自由の身になるリズベット。


ミカエルandリズベット
黄門さま~!! 後部座席は、格さんor助さんの女にモテる方(爆)

 何故、タイトルにあった『スウェーデン版』水戸黄門かと申しますと、リズベットは直接手を下さないけど、リズベット的なやり方で、ともかく悪を倒します
  シリーズ1⇒ 変態殺人者マルティン・ヴァンゲルはバイクで追いつめて、交通
   事故死(マルティンの自爆)。
  シリーズ2⇒ DV魔リチャード・フォーブスはハリケーンの中置き去り(映画には出てきません)
  シリーズ3⇒ 殺人マシーン"金髪の巨人"は、彼に恨みを持つバイククラブの
   メンバーに殺害させ、そのバイククラブのメンバーも警察により逮捕。
 ともかく、リズベットは悪を罰する水戸黄門だ(¯ー¯)


millennium_ミカエル
名探偵カッレ君 ミカエル・ブルムヴィスト

 『ミレニアム1 ドラゴンタトゥーの女』では、この人に魅力がなくて、視聴に苦戦しました
 何故、リズベットが父親ほども年が離れたこのオッサンに恋したのかが理解できなかったんです
 ハリウッド版の場合、ダニエル・クレイヴがイイ男だったので、リズベットが恋に落ちる過程を省略しても納得できたんですけどね。
 でも、不思議と『ミレニアム』シリーズを見続けるにつれ、このオヤジが素敵に見えてくるんです(・ε・) 
 韓流マジックならぬ、Swedishマジックだぁ


millennium_アニカ
働く素敵なママ アニカ・ジャンニーニ

 ミカエルの妹で弁護士のアニカ。
 この人は、キレイで、無愛想なリズベットにも優しく、凄く好感度が高かった(¯ー¯)
 アニカはリズベットをどう思ったんだろう??やはり、小説を読まないと、、、、、


millennium_エリカ
我が侭女 エリカ様

 『ミレニアム』の共同出資者のエリカ・ベルジェ。 
 小説の中では、子供以外は何でも持っている超嫌な女
 ・・・っで、小説の中ではミドル40(フォーティ)にしては美しいハズのエリカ様、、、、、スウェーデン版映画だと、まるでアラカンのオバサン
 今の日本だと、50歳過ぎても、60歳を過ぎても、もっと綺麗な人いっぱいいるよね??
 エリカはハリウッド的な熟女を配役すべきだったよ


     評価: ★★★ (5つが最高評価)
 
 全般的に、作りが雑だったなぁ~
 でも、政府の古狸達の陰謀を暴く系のお話は嫌いではないので、標準的な評価を。
 
 さて、小説版『ミレニアム』も先に進めよ(・ε・)

 
 
関連記事
スポンサーサイト

Category: ミレニアム

tb 0 : cm 1   

コメント

1回位しか見て無くて申し訳無いけど思うのはメークの事イギリスとかパンクなメイク結構やってた人居るけど日本だとそ~言えば見た事無いなぁなンて(私土人に憧れて顔に落書きしてた時有ったけど)

t #- | URL | 2013/06/06 14:20 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chonmi.blog88.fc2.com/tb.php/277-39c24e0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。