08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

海外ドラマと、映画少し、猫少し

ダメな大人です。 海外ドラマ好きで、日本語で視聴できるなら、どこの国の物でも見させて頂いております。 ここでは、海外ドラマ,映画について、緩く軽いジョークを交えてコメントしております。 緩い笑いに日頃の疲れを癒して頂けると幸いです。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

映画『アクトレス ~女たちの舞台』 クリスティン・スチュワート祭り 

 Зудравствуйте

 途中視聴の作品が多くて、暫くブログを放置してました
 全てにやる気が起きないダメな私

 今回は、クリスティン・スチュワートさんに萌えまくってしまったコチラの作品の感想でも。
 解釈の仕方では、この映画はLGBT作品になると思います。

 
映画アクトレス01

映画アクトレス02
 



映画の詳細は ぴあ映画生活 で見てね。 


  冒頭から、楽しくて美しく中性的なファッションに身を包む秘書ヴァレンティーヌ役のクリスティン・スチュワートの釘付け
 この作品の点数は、ほぼクリスティン・スチュワートにです。
 正直、クリスティン・スチュワートに釘付けで、映画の内容はよく理解できておりません、、、、、、、私のバカ
 当然、大女優ジュリエット・ビノシュさんも美しかったですし、スイスの田舎の景色も素敵でしたよ。

映画アクトレス05


 私自身、ジュリエット・ビノシュさん演じる大女優マリアと同世代なだけに、マリアの立場になって、「こんな美しくて男前の秘書がいたらどうしよう、、、、、ドギマギして仕事ができない。 彼女、食ってもいいかな、、、、、、」 と妄想が大暴走
 私がマリアだったら、絶対、ヴァレンティーヌ食ってるわ  ァハハ・・(´▽`)oO(ワラットクカ)

  大女優マリアと秘書ヴァレンティーヌの関係をドキドキしながら作品を観賞していたら、あっという間に2時間5分が経過
 本作品は、音楽とか、衣装とか、スイスの美しい田舎の風景とか、女優さんたちの演技とか、もっと他に注目すべきところがあったのにね。 ホント、アホよね私

映画アクトレス04
役作りのために滞在していたスイスの山小屋にて
楽しそうなヴァレンティーヌ&マリア

  すごく楽しそうにスイスの山小屋で過ごしていた大女優マリアと秘書ヴァレンティーヌですが、マリアが舞台の台本に対するヴァレンティーヌの意見に耳を貸さないことから、ヴァレンティーヌが怒って姿を消し、二人の関係は終わってしまいます

  解釈によるのでしょけど、私は二人の間に恋心があると解釈しました。
 ヴァレンティーヌ役のクリスティン・スチュワートさんはバイセクシャルとの噂があるので、「ヴァレンティーヌは絶対マリアに恋しているよ! カメラマンの男はマリアを妬かせるための小道具よ!!」っという方向の考えにいってしまってしょうがなかったです。
 マリアには、地位と名声があって、美しく品もあるんで、惹かれない理由はない!
 しかも、ヴァレンティーヌの後任のマリアの秘書が、ヴァレンティーヌと似た雰囲気の中性的な美しい女性 (彼女はショートヘアーですが) www
 マリア様も絶対ヴァレンティーヌに惚れてましたよね

 マリア役のジュリエット・ビノシュが男前過ぎないので、ラブシーンがなくて、ビターな結末で終わるものの、映画『キャロル』のキャロル&テレーズよりも、マリア様&ヴェレンティーヌの関係の方が説得力もあり、エロチックに思えました。

 最後に、若手女優役のクロエ・モレッツちゃんが幼い顔で、下品なセリフを吐くシーンは天晴でした。

映画アクトレス03
腹黒?新人女優ジョアン (クロエ・モレッツ)



 オイラは勿論、映画『キャロル』も見てるよ



 До Свидания!


↓↓↓ 今後は『スニファ ウクライナの私立探偵』、『トラップ』、『KILLJOY』などの海外ドラマで更新していく予定です。
   予定は未定ですが、、、、、
関連記事
スポンサーサイト

Category: 映画 シリアス系

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chonmi.blog88.fc2.com/tb.php/326-63a4c8d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。